ソーシャル・マーケティング協会 代表理事 白鳥友康の公式ブログ。Facebook、Twitter、YouTube、LINEなど、ソーシャルメディアを活用、集客する方法を無料でお届け。

ソーシャル★マーケティングの教科書 改訂版

20代、30代、40代は、どのソーシャルメディアをメインに使っているのか?【年代別ソーシャルメディアの利用状況】

 投稿日時:
 最終更新日時:2015/03/07 10:03

この記事は約 4 分で読めます。

大丈夫、あなたなら出来る! 
ソーシャル・マーケティング協会 代表理事の白鳥友康です。

「Facebook・LINE・Twitter、やめるならどれ?」調査 20代でのみ1位が異なる結果に ? しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!
http://sirabee.com/2014/06/30/703/?from_relatedLink

en

 

 

年代ごとに「Facebook、LINE、Twitter」に対しての温度感がぜんぜん違うことが、データからよく読み取れます。どの年代をターゲットにしているかで、メインに露出するメディアを検討する参考になりますね。

基本的にソーシャルメディアは、頻繁に情報発信や交流をする必要があるため、複数のメディアを同じ熱量で使い続けるのは難しいものです。「ソーシャル疲れ」なんて言葉も生まれるくらいですからね。

つまりユーザーは、無意識にしろ意識的にしろ「どのメディアをメインに使うか」を決めています。このリサーチ結果は裏を返すと「どのメディアをメインに使っているか?」を知るデータでもあるわけです。

 

さてさて、これを踏まえてデータを見て行きましょう。

まず、気になる全体の結果は…

1位:Twitter:32.3%
2位:Facebook:29.3%
3位:LINE:18.5%
(どのアカウントをもっていない:19.9%)

ふむふむ。Twitterが一番ライトに使われているんですね。そして、LINEがもっとも重要なメディアだと認識されている。こう読み取れます。

しかし、自分(30代)に当てはめてみると、このデータはどうも印象が違います。その理由が年代別に出したデータにハッキリと現れていました。

【20代】
1位:Facebook:40.0%
2位:Twitter:30.0%
3位:LINE:18.0%
(どのアカウントをもっていない:12.0%)

【30代】
1位:Twitter:36.5%
2位:LINE:23.0%
3位:Facebook:18.9%
(どのアカウントをもっていない:21.6%)

【40代】
1位:Twitter:30.6%
2位:Facebook:25.8%
3位:LINE:17.7%
(どのアカウントをもっていない:25.8%)

各世代で、かなりデータが異なっていますよね。そして、30代のデータです。これ、自分の印象とピッタリです。Facebookは情報発信の基地として使っているからです。

 

このようにデータを「逆読み」していくと、面白いと思いませんか? では「逆読み」パターンで各年代を見ていくと…

20代は「LINE」がメイン。Facebookは、4割がやめても良いと考えています。若者のFacebook離れを象徴するデータですね。

30代は「Facebook」メイン。Twitterをやめても良いと考えている人が他の年代に比べて多いです。忙しい30代は、Twitterのような比較的軽いコミュニケーションのニーズが低いのかもしれません。

40代は「LINE」メイン。とは言え、どのアカウントも持っていない人の割合も高いため、情報感度の高い人と情報感度の低い人の二極化が見られますね。

 

いかがでしょうか? Facebook、LINE、Twitterは、それぞれメディアとしての特性が異なるので、単純に比較するのは難しいのですが、それでもユーザーの生の声として貴重なデータだと感じます。

ちなみに、私(30代)がどれかひとつを強制的にやめなくてはならなくなった場合は、Twitterを選びます。これはデータと同じですね。

LINEは、プライベートのやり取りに使っていて、携帯メールの替わりのような存在です。Facebookは、仕事のやり取りで使っています。「LINEはプライベート、Facebookはビジネス」と意識的に分けています。

1対1のコミュニケーションが得意なLINEと、1対多に情報発信ができるFacebookの特徴に合わせた利用法です。

 

さてさて、あなたのビジネスのターゲットはどのメディアをメインに使っていましたか? LINEの成長が著しいので、そろそろLINEにも取り組んだ方が良さそうですね。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

白鳥友康

カテゴリ - ソーシャル・マーケティング, マーケティング, マーケティングデータ
タグ - 

無料プレゼント

【Web担当者向け】SNS集客の全体像を55分で把握できる動画

受講料50万円で提供していた【ソーシャル・マーケティング認定コンサルタント養成講座】のエッセンスを凝縮した動画を無料プレゼントしています。

ダウンロードはこちら

  関連記事

新若者の三種の神器はデジタルディバイドを考慮しなければいけない

昨日、[こちらの記事]で新しい若者の三種の神器にスマートフォンが鉄板だと書きましたが、ちょっと見直す必要があるかもしれない[記事…

zwei Geschäftsmänner kämpfen miteinander
手っ取り早く売るには「共通の敵を作る」

  強力なマーケティング手法のひとつとして「共通の敵を作る」というものがあります。この手法はとても効果的ですぐに結果の…

facebook広告にもリスティング広告と同様に広告品質のパラメーターがある。

これは実に興味深い情報です。興味のある人にだけクリックされるような広告をわざと出していましたが、それだと広告品質が落ちる可能性が…

2015-02-22_145031
WordPressからFacebookページへ自動投稿するプラグイン

最近、ブログ周りの設定をいろいろ調整している。その中でも特に質問されることが多い「WordPressとFacebookページを連…

unnamed
Google+を活発に利用するユーザーはほとんどいない、という分析結果

ま、分かっていたことではありますが(苦笑) 活発にGoogle+への投稿を行っているユーザーは全体のたった9%とのこと。Goog…

email icon post sign
エントリーフォーム最適化(EFO)でお問い合わせの数を増やす。その1

ウェブサイトの改善では「入口」と「出口」を最適化することが最も重要です。「入口」の話は、SEOやら、PPCやら、いろいろあるので…

Social Media
「ソーシャル集客トライアングル」で自動集客システムを作る【ソーシャル・マーケティング最強実践ガイド・序章】

  ソーシャルを活用したマーケティング手法ですが、協会では【Facebook×ブログ×メルマガ】のトライアングルを推奨…

Fotolia_101759523_Subscription_Monthly_M
需要が多いコンセプトが必ずしも良いというわけではない

これ、わりと重要な話。   「自分は欲しいけど、こんなの誰も作らないよ」という商品売れるのか?実は提供するだけで感謝してもらえる…

603570_435253633183235_1331217524_n
mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2012年7月最新ニールセン調査

最新のソーシャルメディア利用状況レポート。7月のものですが最新です。Facebookは相変わらず増加傾向ですが、すこし緩やかなカ…

516kgjwiVnL
[感想] ソーシャルメディアマーケター美咲 新人担当者 美咲の仕事帳

企業の勘違いがソーシャルメディアの炎上を引き起こす。 ソーシャルメディアは消費者の場。企業のための場ではない。そして、企業はソー…