ソーシャル・マーケティング協会 代表理事 白鳥友康の公式ブログ。Facebook、Twitter、YouTube、LINEなど、ソーシャルメディアを活用、集客する方法を無料でお届け。

ソーシャル★マーケティングの教科書 改訂版

実は「オトナ」も使っている「LINE」

 投稿日時:
 最終更新日時:2015/06/13 12:06

この記事は約 3 分で読めます。

大丈夫、あなたなら出来る! 
ソーシャル・マーケティング協会 代表理事の白鳥友康です。

 

LINEというと「若者のメディア」といった印象が強いですが、日本国内に限ってみると、実は、30代以上の比率が55%以上もあります。

そして注目すべきは、ユーザーの地域です。Facebookの場合、関東圏、大都市圏のユーザーが圧倒的に多いのですが、LINEの場合は地方のユーザーも多のが特徴です。

FacebookやTwitterなど、新しく登場したメディアには、どうしても情報感度の高い層が使い始めることが多く、ユーザー層もそういった人たちが多くなります。

しかし、LINEの場合、年齢、地域、性別にあまり偏りがなく、まんべんなく広い層のユーザーに使われていますので、「生活のインフラ」としての役割が十分に果たしやすい状況にあります。

しかも、「LINE」はマーケティング上、最も重要な「ある数値」がものすごく優秀なのです。その数値とは…【メッセージ開封率】です。

現在、ネットマーケティングで重要な役割を担っているメールマガジンですが、その開封率は、10%程度と言われています。

対して、LINEの場合は、なんと「開封率60%」という、圧倒的な数値なのです。

この数値は、メールマーケティングを実施している人なら、ある意味、異常な数値であることが、すぐに理解できると思います。

先ほどの、メール開封率ですが、この数値には様々なデータがあり、ある別のデータでは、メルマガの開封率は4.1%というものもあり、メールマーケティングは危機的な状況であると言えるでしょう。

メールマーケティングを中心に展開している起業家たちは、みんなメルマガの開封率が下がってきていることを知っていて、いずれメールマーケティングができなくなるリスクに感づいています。

そこに救世主のように現れたのがLINEです。

ここ最近のLINEに関するアップデート内容も見ても、LINE本社がとてもチカラを入れているのが伝わってきます。5月16日に行われた大幅なアップデートを見れば、この2014年、LINEがビジネスに大きな影響を与える状況が到来することは間違いありません。

私も、LINEについて研究し、情報を発信をしていきますが、ぜひ自分でもいろいろ情報を集めてみてくださいね。

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

白鳥友康

P.S.
ソーマケ協会公式のYouTubeチャンネルができました。右上に表示されている「チャンネル登録」ボタンをクリックして、チャンネル登録お願いします^^
  ↓  ↓  ↓
ソーシャル・マーケティングの教科書 改訂版
https://www.youtube.com/channel/UCDvcalXKAHywqkk_HSvkptA

YouTubeチャンネル登録者数を10,000人にして「有料チャンネル」の利用を目指し、みんなでお互いに相互チャンネル登録をするFacebookグループを作りました。
  ↓  ↓  ↓
みんなで相互YouTubeチャンネル登録しよう!
https://www.facebook.com/groups/573619192735528/
「グループに参加」ボタン押して頂ければ、どなたでも承認しますので、気軽にご参加ください^^

カテゴリ - スマートフォン マーケティング, ソーシャル・マーケティング, マーケティング
タグ - 

無料プレゼント

【Web担当者向け】SNS集客の全体像を55分で把握できる動画

受講料50万円で提供していた【ソーシャル・マーケティング認定コンサルタント養成講座】のエッセンスを凝縮した動画を無料プレゼントしています。

ダウンロードはこちら

  関連記事

目を覆うビジネスウーマン
視界に入っていても、無視されている広告

?   無視される広告と言えば、バナー広告が思い浮かびますね。検索エンジンといえば「Yahoo!」という状態だった、イ…

2efcbabb-s
LINE機能紹介:“知る人ぞ知る”超ヤバイ新機能「LINEビジネスコネクト」

LINE公式アカウントは、導入費用が1,000万円しても余裕で回収できるらしいです。 リクルートもLINE公式アカウント始めまし…

no image
ネットショップの問い合わせ対応が悪いと93%が今後購入しないと回答

よく言われていることですが、 ご購入者さまからのお問い合わせは「早ければ早いほど良い」ということですね。 返答が早いと感じるスピ…

news-2014-07-25
★注目のスマホ向けC2Cサービス

C2Cという用語はあまり有名では無いかもしれません。いわゆるヤフオクのような、ユーザー間の取引を仲介するサービスですが、各ジャン…

en
20代、30代、40代は、どのソーシャルメディアをメインに使っているのか?【年代別ソーシャルメディアの利用状況】

「Facebook・LINE・Twitter、やめるならどれ?」調査 20代でのみ1位が異なる結果に ? しらべぇ | 気になる…

no image
なぜカカクコムの最安店に注文が殺到しないのか

「最安値ではなくてもアマゾンで購入する」 ここに消費者の興味深い心理が含まれていますね。 「利用者は未知のショップに個人情報を登…

ys_hs01
ソーシャルメディア担当者がよく使うハンドサイン一覧

    Twitterで「ハンドサインジェネレーター」なるものが流行っています。こんなネタ画像が簡単に作れる…

三世代家族とスマートフォン
★地域別にみる、スマートフォン利用動向

非常に参考になる統計データが公開されています。地域別で利用するサービスにかなりの違いがあります。地域性のビジネスを営んでいる方は…

516kgjwiVnL
[感想] ソーシャルメディアマーケター美咲 新人担当者 美咲の仕事帳

企業の勘違いがソーシャルメディアの炎上を引き起こす。 ソーシャルメディアは消費者の場。企業のための場ではない。そして、企業はソー…

ss_happy-pj
みんな、ソーシャルメディアの使い方を知らないだけ。

  このホームページは、ランディングページの良いところと、ホームページの良いところが、丸ごと詰まった構成になっています…