ソーシャル・マーケティング協会 代表理事 白鳥友康の公式ブログ。Facebook、Twitter、YouTube、LINEなど、ソーシャルメディアを活用、集客する方法を無料でお届け。

ソーシャル★マーケティングの教科書 改訂版

ユーザーが知りたいのは本音。でも建前を忘れずに。

 投稿日時:
 最終更新日時:2013/03/15 12:03

この記事は約 2 分で読めます。

大丈夫、あなたなら出来る! 
ソーシャル・マーケティング協会 代表理事の白鳥友康です。

「1日1記事って言ってもなかなか大変だよね。」企業のソーシャルメディア担当なら、みんなが感じていることですね。「企業としての情報発信だから、あまりお遊びみたいなものもできないし、でも共感を呼ぶ投稿は感情を揺さぶるようなものが良いし…」そのサジ加減は本当に大変だと思います。

そんなあなたに面白い事例を紹介します。
——————————-
TBSテレビ 宣伝部 @tbs_pr (……きこえますか…きこえますか…視聴者の…みなさん… TBSです… 今… あなたの…心に…直接… 呼びかけています…年末は…某歌合戦を…見る場合では…ありません…あなたが…見る…番組は…笑ってはいけない某でも…ありません…TBSです…TBSを…見るのです…TBSを見るのです…)
——————————-

これはTBSの公式Twitterアカウントのツイートです。このツイートは密かに話題になっており、12,000を超えるリツイートがされました。しかも、一般ユーザーだけでなく、他の企業の公式アカウントでも、このツイートを模倣した内容でツイートされています。恥ずかしながら弊社でもマネさせていただきました。

この投稿は、なぜこんなにも広まったのでしょうか? やっぱりファンは裏側がみたいのではないでしょうか? 自己開示の情報はやはり共感を呼ぶということです。

毎日毎日、投稿していればネタを探すのも大変ですし、企業の体裁を整えながら投稿するスタイルは、他の自分を演じる必要があるので疲れてきます。担当者だって人間ですから、飽きもきますし、それでも投稿しなくてはいけない、といったある種の極限状態になったときにポロリと出た言葉、それがユーザーの心に響いたということでしょう。

なんだかランナーズハイに似たものがあります。続けるからこそ起こる奇跡の投稿。神様のご褒美なのかもしれません。そして、そのご褒美は話題性という点だけでなく、今後の投稿への重大なヒントとしての意味もありますね。

《参考記事》
TBSテレビ宣伝部のツイートに学ぶ、企業ソーシャルメディアコミュニケーション術 | ACTZERO – 株式会社アクトゼロ
http://www.actzero.jp/social/report-2327.html

カテゴリ - ◇雑談
タグ - 

無料プレゼント

【Web担当者向け】SNS集客の全体像を55分で把握できる動画

受講料50万円で提供していた【ソーシャル・マーケティング認定コンサルタント養成講座】のエッセンスを凝縮した動画を無料プレゼントしています。

ダウンロードはこちら

  関連記事

no image
★新プロフィールページ【タイムライン】を使うには

「タイムラインのご紹介」ページにアクセスして左下に表示されている「タイムラインの利用を開始」ボタンをクリックする。 タイムライン…

no image
【知っておきたいSEO対策の基本】

Meta Keywords には適当なキーワードをいくつか設定して放っておけば良いのです。検索エンジンも訪問者もそれを見ることは…

no image
友達リクエストをする時には、必ずメッセージを添えてくださいね^^

友達リクエストをする時には、必ずメッセージを添えてくださいね^^

no image
自分のためのメモを兼ねて、参考になるデザインを集めていきます。

アウトプットの前にはインプットが必要。圧倒的な量を見ていけば、そこに何かを見いだせるはず。 デザインを生業にしていない皆さんの参…

Fotolia_65992413_Subscription_Monthly_M
社長以上に会社のことを考える人はいない。

実に当たり前のことですが、この言葉の意味を本当に噛み締めるのは独立してから。サラリーマンを経験してから独立した一人社長であれば、…

no image
いち早く新デザイン(タイムライン)を導入したFacebookページを集めてみました。

どこもまだ探り探り。ビジュアル中心のカバー画像が多いみたいです。カバー画像の重要性は大きいので、この辺りは様々な検証がされていく…

no image
iframeでfacebookページにタブを作ってみました。

ひとまずテストのみ。「ようこそ!」ページは出来ればこちらに移行していきたいですね。 通常のFBMLページと違い、ログインしないと…

no image
とうとうGoogleが電子書籍に参入

いよいよ電子書籍ビジネスが熱くなって来ました。 iPad, iPhone と Kindle の一騎打ちでしょうか。 ネット上で、…

no image
HTML用ひながた > 都道府県一覧セレクトフォーム

なんかいつもどこかのサイトからソースを持ってきていた気がする。 HTML用ひながた > 都道府県一覧セレクトフォームhttp:/…

動画も携帯から簡単に投稿できる時代

Facebookでは、写真の投稿が一番ニュースフィードに表示されやすいので、現在は写真の投稿が一番多いですが、動画の投稿もぜひチ…