ソーシャル・マーケティング協会 代表理事 白鳥友康の公式ブログ。Facebook、Twitter、YouTube、LINEなど、ソーシャルメディアを活用、集客する方法を無料でお届け。

ソーシャル★マーケティングの教科書 改訂版

【続・片づけ祭り!】人生がときめく片づけの魔法

 投稿日時:
 最終更新日時:2015/10/09 00:10

この記事は約 2 分で読めます。

大丈夫、あなたなら出来る! 
ソーシャル・マーケティング協会 代表理事の白鳥友康です。

Fotolia_86593711_Subscription_Monthly_M

シルバーウィークから開催中の「マイ片づけ祭り」ですが、まずは「捨てる」ことからスタートしています。

最初は衣類から。

昨日紹介した本によると、捨てるかどうかは「ときめきくかどうか?」を基準に決めるのですが、なんとまぁ、ときめかないモノが多いこと、多いこと。

以前、「断捨離」にハマった時もかなりの衣類を捨てました。

しかし、今回も45Lのゴミ袋が4袋。新たに買い足した服は、ほとんど無いのに不思議なものです。

 

面白いのが、ベルトを捨てていた時のことです。

順調にゴミ袋に入れていると、なんとまぁ、プライベート用に残すベルトが一本も無くなってしまいました(苦笑)

スーツ用のベルトをジーパン使うとかっこ悪いし、流石にベルトが無いと困るので、やむを得ず一本だけ残すことに。

なんとまぁ、今までどれほど「仕方なく使っていたモノ」が多かったのかを実感しました。

これから、服を買うときは基本的にユニクロ禁止かな。インナー以外は、すべて捨てることになってしまいましたので(泣)製品は良いのですが、ときめかないのは仕方ない(笑)

 

やっと衣類の整理が終わったので、次は「本類」です。

コイツが強敵なんですよね。前回も段ボール5箱くらい捨てたのですが、まだまだ本棚2本分くらいは残っています。

そろそろ本を溜める癖を克服したいぞ。

 

カテゴリ - ◇雑談, ★オススメ書籍
タグ - 

無料プレゼント

【Web担当者向け】SNS集客の全体像を55分で把握できる動画

受講料50万円で提供していた【ソーシャル・マーケティング認定コンサルタント養成講座】のエッセンスを凝縮した動画を無料プレゼントしています。

ダウンロードはこちら

  関連記事

no image
2012年のFacebookは本当にモバイルへ力をいれていましたね。今年はどんなアップデートが行われるのか楽しみです。

弊社、公式Facebookページに記事をアップしました。https://www.facebook.com/photo.php?f…

no image
Facebookに投稿する写真は、クオリティが高い方がいいですね。

有料だと楽に探せますが、できれば無料で というのが人情というもの。友人の 守屋 信一郎さんが、著作権フリーのサイトを紹介してくれ…

no image
ソーシャルメディアでは今までの考え方が逆効果になりかねない

?ソーシャル時代のマーケティング・マインド【第1回】 すでにマスメディア中心の時代は終わりを告げました。ソーシャルメディアをマー…

no image
マーケティングにおけるブログとFacebookの役割分担

?ソーシャル時代のマーケティング・マインド【第7回】 前回は「ユーザーが商品、サービスを購入する時の3つの行動パターン」ごとに「…

no image
facebookが本日大幅アップデート。

facebookのビジネス利用とプライベート利用を明確に分ける意図があるみたいです。 【速報】「ページ名でFacebookを利用…

25人集めなくてもFacebookページURLが変更可能に!

最近のことなので知らない人もいるかな? ということでシェアします。ユーザーネーム(独自URL)取得前のfacebookページUR…

no image
【知っておきたいSEO対策の基本】

数年前ほどの重要度は無くなりましたが、ページランク(Googleが独自で設けているサイトのランク付け)にも注意を配ると良いでしょ…

no image
Web手続きだけで自作曲をiTunesで配信、クリプトンが代行サービス

このサービスは、音楽業界に新しい流れを生み出すかも。 ドラマのタイアップやCM曲が売れる現状を見ても音楽は聞いてもらってなんぼ。…

no image
運営中のfacebookページ。先日まで500くらいだったのが、1800人の方に見て頂いたようです。「いいね!」をクリックしてもらった数が関係しているのでしょうか?

運営中のfacebookページ。先日まで500くらいだったのが、1800人の方に見て頂いたようです。「いいね!」をクリックしても…

no image
「共感」がクチコミを誘発するからこそ生じる危険

?ソーシャル時代のマーケティング・マインド【第4回】 前回は、Facebook、Twitterがメインとなるソーシャル時代では「…