ソーシャル・マーケティング協会 代表理事 白鳥友康の公式ブログ。Facebook、Twitter、YouTube、LINEなど、ソーシャルメディアを活用、集客する方法を無料でお届け。

ソーシャル★マーケティングの教科書 改訂版

【続・片づけ祭り!】人生がときめく片づけの魔法

 投稿日時:
 最終更新日時:2015/10/09 00:10

この記事は約 2 分で読めます。

大丈夫、あなたなら出来る! 
ソーシャル・マーケティング協会 代表理事の白鳥友康です。

Fotolia_86593711_Subscription_Monthly_M

シルバーウィークから開催中の「マイ片づけ祭り」ですが、まずは「捨てる」ことからスタートしています。

最初は衣類から。

昨日紹介した本によると、捨てるかどうかは「ときめきくかどうか?」を基準に決めるのですが、なんとまぁ、ときめかないモノが多いこと、多いこと。

以前、「断捨離」にハマった時もかなりの衣類を捨てました。

しかし、今回も45Lのゴミ袋が4袋。新たに買い足した服は、ほとんど無いのに不思議なものです。

 

面白いのが、ベルトを捨てていた時のことです。

順調にゴミ袋に入れていると、なんとまぁ、プライベート用に残すベルトが一本も無くなってしまいました(苦笑)

スーツ用のベルトをジーパン使うとかっこ悪いし、流石にベルトが無いと困るので、やむを得ず一本だけ残すことに。

なんとまぁ、今までどれほど「仕方なく使っていたモノ」が多かったのかを実感しました。

これから、服を買うときは基本的にユニクロ禁止かな。インナー以外は、すべて捨てることになってしまいましたので(泣)製品は良いのですが、ときめかないのは仕方ない(笑)

 

やっと衣類の整理が終わったので、次は「本類」です。

コイツが強敵なんですよね。前回も段ボール5箱くらい捨てたのですが、まだまだ本棚2本分くらいは残っています。

そろそろ本を溜める癖を克服したいぞ。

 

カテゴリ - ◇雑談, ★オススメ書籍
タグ - 

無料プレゼント

【Web担当者向け】SNS集客の全体像を55分で把握できる動画

受講料50万円で提供していた【ソーシャル・マーケティング認定コンサルタント養成講座】のエッセンスを凝縮した動画を無料プレゼントしています。

ダウンロードはこちら

  関連記事

no image
外国人の日本での就労ビザ取得に詳しい方はいませんでしょうか?

弊社で採用を予定している方の一人で外国人の方がいらっしゃるのですが、企業の外国人採用について詳しい方がいらっしゃいましたら、ご連…

no image
クライアント様のfacebookページのデザインが完成しました。

禁煙センセイhttp://www.facebook.com/kinen.sensei こちらのfacebookページが、画像のよ…

no image
ディスカッションに「教えて!facebookページ作成Q&A」を作りました。facebookページ作成にお悩みの方はこちらで質問してみてください。

教えて!facebookページ作成Q&;

no image
【知っておきたいSEO対策の基本】

ナビゲーション部分にFlashを使うのは避けましょう。 基本的にFlashで指定されたリンクを検索ロボットは辿ることが出来ません…

no image
facebook:「いいね!」の押された数がわかる、アクセス解析「insights(インサイト)

こういったアクセス解析は、ちょっと手間が掛かりますが導入しておくと後々かなり役立ちますよね。 《参考記事》facebook:「い…

no image
ファンページで外部cssを読み込む方法 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="[css url]" /> facebookのキャッシュが強力なので注意。

ファンページで外部cssを読み込む方法 <link rel="stylesheet" type=&qu…

no image
【知っておきたいSEO対策の基本】

キーワード選びでは「検索数」が重要です。Google Adwordsキーワードツール http://bit.ly/jJYd2x

no image
ブログとFacebookを両方やる必要ってあるの?

?ソーシャル時代のマーケティング・マインド【第5回】 第2回で「AISAS」についてお伝えしました。そして、現在のソーシャル時代…

no image
Google Analyticsの使い方 vol.2

トラッキングコードが設置されていることを確認したら、後は情報が溜まるまでアクセス数を見ながらしばらく楽しんでください。 ある程度…

no image
中小企業ほどfacebookを活用できる。

大きな企業にとって、ソーシャルメディアでの企業の活動を一人の社員に任せるのは、正直なかなか難しい。思わぬ火種を作ってしまうリスク…